お誕生会とヘルパンギーナ


昨日は、息子の保育園のお誕生会DAYでした。

11月生まれの息子は、張り切って(?)登園!


なのに、昼前に先生からの電話で、

「熱が出たので迎えに来て欲しい」とのこと。。。


小さなお子さんをお持ちのご家庭なら、誰もが経験ありますよね^^;

私は自営業なので周囲への影響はまだ少ない方だと思いますが、会社などにお勤め中の方は本当に大変だと思います。


今回うちの子の場合は、お誕生会の終盤、先生方の出し物中にコクリコクリ眠ってしまったそうで、熱を測ると39度の熱が…ということでご連絡くださったようです。


病院で診てもらうと、「ヘルパンギーナ」という乳幼児に流行する夏カゼの一種だそう。

数日前に、同じクラスでかかった子がいたと保育園の先生がおっしゃっていたので、間違いないだろうなと思います^^;


【ヘルパンギーナの特徴】

・初期症状は、突然39度前後の熱が出て1〜3日続き、喉の痛み、のどちんこの上に水疱がたくさん出る。

・のどに水疱ができてから2〜3日すると、破れて潰瘍(口内炎)になり、痛む。

・熱は、発病から1〜3日で下がり、潰瘍は一週間くらいで治る。


以上が、主な症状だそうです。

ご参考まで。。



息子の場合は、昨日(1日目)は食欲はなくはないようでしたが、明らか元気はなく、ゼリー状の飲料やみかんなど水分中心にとらせて、後はひたすら寝ていました。


今朝(2日目)はスッキリした様子で起きて、朝ごはんにバナナとヨーグルト食べ、熱を測ったら平熱に戻っていたので一安心。

昼食もうどんをしっかり食べて、また一眠りしています。


これからまたインフルエンザなども流行る時期ですが、基本的な予防策としての手洗いうがいはもちろんですが、やっぱりバランスの良い食事は身体の免疫力を上げるのに不可欠!

とはいえ、いくら栄養のあるものでも、「食べ過ぎ」がいちばんよくないと経験上思うので、時々デトックスも意識しながら生活できるといいですね。