ご報告 〜陣痛から出産まで〜

長女が誕生しました

お久しぶりです!


週末営業のNIJIYA coffeeですが、2月より私の出産&育児のためお休みをいただいていました。


先月、第二子となる女の子を無事出産し、家族が4人に増えましたのでこちらでご報告させていただきます。





↓ここから、少し長文になります。


 出産を控えている方の参考になれば幸いです。

 


出産当日。

その日は金曜日で、自宅に私一人でいました。

夕方18:00くらいからお腹の鈍痛を感じて、19:00くらいには15分以内の定期的な痛み…


「陣痛、来た…」


と思って、布団を敷いて横になっていました。

ちょうどそのくらいの時間に、夫が保育園に預けていた長男と一緒に帰ってきて、すぐにお風呂と夕食。


20:00くらいに、私の陣痛が本格的になってきて、病院に電話。

3人ですぐに向かいました。


長男の時は、陣痛開始から分娩まで3時間40分くらいと割と短かめだったので、今回もそうかな、と思ったらまさに!

心の準備をする暇もなく、病院に着いてまもなく陣痛はピークに!


痛みがMAXになると泣き叫び、看護師さんに何度も「力抜いて!」と声をかけられるも全然抜けず。


「ふーーーーー」と息を吐いて力みを逃そうとするのですが、吐き終わりにどうしても力が入ってしまい、

「無理ーーーーーーー!!!」というのを繰り返して、結局最後まで「いきんで」と言われないまま、


気づいたら、するっと産まれていました。


陣痛からここまで3時間50分ほど。

今回も短時間で助かりました。。


不思議なのは、出産するときあんなに痛かったのに、

終わると何故か、どんな痛みだったのか忘れちゃうんですよね。

一人目の時もそうだった。

(私だけ?)


出産後は、感動で泣くパパママの姿を映像で見たことがありますが、私たちの場合はひたすら安堵。


終わった!!

赤ちゃんは?

元気?!

よかった!!!


(なぜか) 爆笑


出産ハイだったかも。




出産後は、そのまま分娩台の上で数時間過ごすのですが、

そのとき両方の脚がつる…という災難に。。


両脚一気につるって、想像以上の痛みで、

陣痛を終えて、まだこんな地獄が待ってるとはびっくりです。



しばらく、看護師さんに足先を押してもらい、

「ママも生まれたての赤ちゃんみたいになってたよ」

と言われたのでした。