ヨーガスートラ 1-27 〜オームの意味〜











1-27

イーシュヴァラ(自然の摂理)の呼び名が、オームです。


オームは聖音、イーシュヴァラ(自然の摂理)の一つの名前であり、このことはヴェーダ(聖典)にも記されています。


オームという音は、サンスクリット語のア、ウ、ムという3つの音からなっており、私たちが経験できる3つの次元を現します。


ア…起きている世界

ウ…夢の世界

ム…熟睡している世界


この、人が経験する3つの次元すべてに浸透している存在が、イーシュヴァラ。


この世界は、音と形でできています。

音で表される意味と名前、それに伴った形。


口を大きく開けた「あ」で始まり、口を閉じて「ん」で終わるオームの音の中で、世界の全てを表現できるのだといいます。


人間は、「あー」という泣き声で生まれ、「ん」と口を閉ざす最後の息で生を終える。

人生の全ての経験が詰め込まれた音です。


全世界を表すオーム(聖音)は、イーシュヴァラの呼び名です。

また、オームは、プラナヴァ(原初の音)とも呼ばれます。

どの次元にもありながら、どの次元にも属さない4つ目の次元、

それが全世界の名前であるオーム、プラナヴァの意味です。





※参考書籍:やさしく学ぶYOGA哲学 ヨーガスートラ