勝手にLGBT支持

最終更新: 1月4日

今日も、普通に元気に営業していたのですが、

こちらがやってることは変わらないのに、

来てくださったお客様が楽しくて、

私にとってとても充実した濃い1日でした、

という勝手な報告です。

(ので、ご興味なければ飛ばしてください)




以前にも来てくださった、県外からのお客様。

ひょんなことからLGBTの話題になり(お客様は当事者ではありません)、

なかなかこういうデリケートな内容を真面目に話す機会がなかなかないので、

それが思いがけず新鮮で。


私がLGBTという言葉を初めて知ったのは、NIJIYAをはじめてすぐの頃。

ある方に「なぜNIJIYAという名前にしたのか?」と聞かれ、

「(いろいろあるけど)"レインボー"の虹だよ」と伝えたとき、

「レインボーは、LGBTのシンボルカラーなんだ」と言って、

自分がその当事者であることをおしえてくれました。


テレビや映画や海外ドラマなどの影響で、オネエはすっかりお馴染みですが、

身近にいるかといったら、私はそれまで、そういった告白を聞いたことはなく、

いや、いたかもしれないけど、少なくとも私は気づいたことがなく、

でも正直興味がありました。


その後、”かずえちゃん”というyoutuberのチャンネルにはまって、

LGBT(その枠に当てはまらない方々も)当事者の現状の一部を知って、

自分なりに理解が深まって(いや、本当に一部ですが)、

私は、単純に彼らをすごく愛おしいなあと感じました。

すごく悩んで、傷ついて、前に進んで、

誰かと繋がって、見識を深めて、また前に進む。

その過程が、やっぱり人の胸を打つ。



性的マイノリティだから特別なんじゃなく、その方にとっては普通で、

自然なことで、それはただの個性なだけ。

LGBTと言われる枠の中でも、みんな違うってこともわかったし、

そもそもそんな風にカテゴライズされるのも抵抗ある方もいるだろうし。


ただ、きっと生きづらいと感じている方は多いだろうなと思って、

私にできることは少ないけど、

でも「理解はしたい」と思いました。


LGBTに限らず、

「自分らしく生きる」

それを貫ける人が、どれだけいるんだろう。


思いがけず、そんな話ができて(もちろんそれだけじゃないですが)、

嬉しかった。

いつか、レインボープライドも参加したいです。




今日は、村上が誇るゲストハウス「よはくや」で、

Netflixオリジナルシリーズ ”クィア・アイ” をみんなで観るっていうイベントがあるそう。

絶対楽しいに決まってる。


相変わらず、のりちゃん最高。

みんなみんな、楽しい夜を!