時間をコントロールしたい

「自分の時間は100%自分のために使えるのが当たり前」だった私。

それでも、やりたいと思うことがすべて実現できるわけではないのに、

ママになると、さらに自分のスケジュールがコントロールできないことに

気づきます。



子どものコンディションは毎日違うので、

機嫌が良く一人で遊んでる日や、

妙にくっついて甘えてくる日、

家の中のものをひたすら散らかすことに意欲を燃やす日…

見ているぶんには面白いのですが、こちらの思い通りにはいかず

すっかり振り回されています。


「A」「B」「C」という今日の予定があるとしたら…

子どもが寝たらBやって、

子どもがぐずったら相手して、

子どもが機嫌良くなったらAやって、

夫が帰ってきたらCやろう、とか。

出かける予定があると、もっと難易度が上がる。


限られた時間で、やるべきこと一つに目的を絞ってこなせると良いのですが、

部屋が散らかってたり、他の書類が目に入るとそっちも気になって

「あー、今日やろうと思ってたこと半分もできなかった…」って落ち込む。

それを繰り返す日々。


子育てって、すごく頭使う。

子ども1人でこうなのに、2人3人…と小さなお子さんをもつパパママは

本当、心から尊敬に値します。


人は、肉体的な疲れよりも、何かを選択したり判断することで

どんどん集中力を失っていくのだそうです。

集中できずに判断力が落ちるので、何するにも効率が悪くなり、

ひとつのことが終わらないまま次のことに取り掛かっては

すべて中途半端になって、もやもやした気持ちで今日が終わる…


もっとちゃんとやるべきことを確実に終わらせたいし、自分の自由な時間も確保したい。

何より、今限定の息子との貴重な時間を楽しめないなんて勿体なさすぎる。


要するに、集中して物事をこなせる環境を作ればいいんだ!

と思って読んだ本。






どうやったら部屋を片付けられるか?だけじゃないんです。

その後の自分の人生をコントロールするために、

「何を選択するか?」を考えるための本。

必要なことを選びとって、あとは捨てる。

片付けられない人は、結局、自分の一番大切なものがわかってない。

というか向き合ってない、ということに気づかされます。


生活の中の判断することをいかに減らして、シンプルにするか、が

充実感や満足感を得るためのポイント。


最後の第7章「人生を最大化する8週間プログラム」では

具体的なステップが示されています。

あとは、実践するのみ。


人生を思い通りに操れるようになるのか?!

8週間後、楽しみです。