毎日ごはんを作るのが苦痛なとき

最終更新: 8月30日

毎日の夜ごはん。


1日のうちで最も楽しみにしている時間、

という方も多いのではないでしょうか。





もちろん、うちの家族も。

2歳の息子は、保育園の帰りにパパと今日の夕ご飯予想しているらしく、

作るほうのプレッシャーたるや半端ないことになっています。


私はもともと料理が好きで、

結婚前も自炊はまったく苦にならなかったので、

「ごはん作るのなんて余裕」

と思っていました。


がしかし、


自分が食べたいかどうかは別にして、

栄養と家計のバランスを考えつつ、

それも毎日、ごはんを作り続ける、

ということの大変さを

今、身をもって痛感しています。



私の場合、段取りさえイメージできれば

ごはんを作ることそれ自体は大したことはなく。


何がつらいって、

「献立づくり」だという事に気がつきました。


一人暮らしのときは、気に入ったメニューなら毎日おんなじでも平気だった私。

(栄養うんぬんは別にして)


自分が食べたいものを、その時の気分で作る料理と、

家事としての料理とはまったく別なんだ、

と気づいた瞬間でもありました。



時間とお金のため、

食材の買い出しはなるべく週一回、と決めていますが


そのためには1週間の献立を考える必要があり

献立作成アプリを活用したり

YouTube動画を参考にしたりして献立決めて

買い物リスト作って、


……って、すげー手間!!


世のおかーさんたちは動画なんかもちろん見ることなく、

これを難なくこなしてるように見えますが

いやいやいや!!!


日々の鍛錬の賜物ですよね。


もっと尊敬&感謝していただきたい。



私にはこの苦行、本気で向き合わないと無理だとわかり

しばらく試行錯誤してみました。




そこで、私なりの解決策がこちら。


1、曜日でテーマ決める

例えば、月曜は和食、火曜は中華、水曜は麺…


今日は麺にする!

とか、

炊き込みごはんにする!

って決めただけで、なぜかかなり気が楽になります。


または、魚、豚肉、鶏肉…などメイン食材で決めるのもあり。



2、金曜日は絶対カレーにする

これは、事前に家族の同意が得られてこそできるやり方ですが。


なぜ金曜日かというと、多めに作って冷やしておけば、

夫が土日の好きなタイミングで自分で温めて食べることができるから。


土日の料理?

実は私、「基本やらなくていいよ権」を獲得済みで。

お店があるので私は外に出れないこともあり、テイクアウトやできたものを買ってきてもらうスタイルですが、これも家族の絶対的な理解が必要ですよね。


もちろん子どものごはんは作りますが、家族には感謝しかないです。



3、献立は1週間のうち2日分、ざっくり決める

2日分は、なんとかレシピサイト検索したりして決めちゃいます。


最初の2日を乗り切ると、「残った食材で何作れるか」を考える方が

実はラクだということに気付きました。


もちろん、「メニューを決めて買い物する」より

「今ある食材で何を作るか」の方が料理の難易度は上がりますが、圧倒的に食費は減る。


なので、ここはもうゲーム感覚で、食材見てメニューが頭に浮かぶくらい経験積むしかないかと思います。



応用、、というか結構重要と思っているのが、利用するスーパーを決めておくこと。

店内の配置をある程度頭に入れておき、何がどこにあるかを把握しておく。

これはなるべく短時間で買い物を終わらせるためにも、無駄に歩き回って予定外のものを買わないためにも結構重要だと思っています。


これに限らずですが、「迷う」時間はなるべく減らしたい。







「いや、そんなのとっくにやってる」

という方もいらっしゃると思いますが、、


あくまで私の今のやり方。

子どもの成長や、仕事の状況によってまた変わっていくのだと思います。



同じ悩みを抱えている方の参考に、少しでもなれば嬉しいです。