親も子もドキドキ

1歳の息子が、昨日から保育園に通い始めました。

というか、親の都合なので正確には「通ってもらっている」です。


みんな経験していることとはいえ、別れる時のドキドキ。

当然、泣きわめくわけです。

それを、天使のような先生たちに押し付けて、逃げる(?)ときの

なんともいえない感情。


預けた後もそわそわして落ち着かない。。

結局仕事もあまり手につかず、お迎えの時間になります。


ママたち、みんなこうやって働きに行ってるんですよね。


離れている間は余計に息子のことを考えるので、

これは、普段の自分の子育てのしかたを振り返るいいチャンスだな、

とも思います。


まだ言葉はうまく話せませんが、表情やしぐさで自分の意思を伝えてくるので、

一緒に遊びながらコミュニケーションをとっています。

最近は、毛布や柱を使って「いないいないばあ」を仕掛けてきては、

きゃっきゃきゃっきゃ笑ってるのがすごくかわいい。


作業をしていると、つい彼が伝えようとしていることを見逃しがちになるのですが、

まずは自分の気持ちに余裕を持たせることを心がけ、

今この時期だけの育児期間を楽しみたいと思います。




明日は、土曜日ヨガ。

クラスがあるおかげで自分の心身のケアもできるので、

とてもありがたいことだと思っています。


会場を快く貸してくださる富樫工務所さん、つきさらパートナーズシップの皆さん

いつもありがとうございます。



最新記事

すべて表示

ミャンマーとコーヒー

1,ミャンマーの情勢 ミャンマーでは、クーデターにより国軍側に政権を奪われ、民主化を願って抗議を行う市民への弾圧が日々激化しています。 国軍側が行っていることは明白な人権侵害。 民主化のリーダーであるアウン・サン・スー・チーさんを拘束し、インターネットを遮断したり、鍋を叩く(デモ行為の一貫)ことや夜間の外出を禁じ守られなければ銃で攻撃するなど、不当に市民の自由と平和を奪っています。 そして、命まで