12月のマフィン


毎年、必ず言っていますが

「もう12月。」



世界中でこれまでの価値観や常識がガラリと変わってしまったこの一年。

日本では、現在「コロナ第3波」といわれる時期にあって、

感染者や重傷者数の増加とともに、医療現場の病床数や医療従事者さんの数も足りていない状況であることが、連日報道されています。


医療の現場に従事されている方とその家族の疲労、心労、ストレスを思うと胸が痛い。


感謝、じゃ足りないですよね。


今、自分にできることは何なのかを考えると、

やっぱり、マスクをするとか手を洗うとか密を避けるとか、

当たり前のことを徹底するしかない。


泣きたくなるくらい無力ですが、、


コロナに慣れない、という意識。


こうして生活できることが当たり前とは思わないし、

「安心しすぎず、心配しすぎない」のバランスを上手にとる必要はあるなと感じています。




そうそう、マフィンです。



12月は、定番の「チョコレート」に加え、「黒糖くるみバナナ」が登場です。


「黒糖くるみバナナ」は、バナナの甘さと黒糖のコクを生かして、甘さを極力控えています。

卵・乳不使用。

香ばしく炒ったくるみがアクセントになっていて食べ応えがありますが、やさしい甘さなのでちっちゃい子のおやつにもおすすめ。

うちの息子(3歳)もお気に入りです。


土日のみの販売・数量限定です❤︎








NIJIYA coffee


金 11:00~16:00

土 11:00~18:00

日 10:00~18:00




最新記事

すべて表示

ミャンマーとコーヒー

1,ミャンマーの情勢 ミャンマーでは、クーデターにより国軍側に政権を奪われ、民主化を願って抗議を行う市民への弾圧が日々激化しています。 国軍側が行っていることは明白な人権侵害。 民主化のリーダーであるアウン・サン・スー・チーさんを拘束し、インターネットを遮断したり、鍋を叩く(デモ行為の一貫)ことや夜間の外出を禁じ守られなければ銃で攻撃するなど、不当に市民の自由と平和を奪っています。 そして、命まで