• Akira Okura

ブラジル



コーヒーと聞いて、真っ先に連想する国「ブラジル」。生産量も世界1位です。



個人的には、普段からたくさん飲む銘柄というわけではありませんが、ブラジルはコクがあってナッティーな味わい。オレンジを思わせる柔らかめな酸味が、飲んでいてほっとするような安心感をもたらしてくれます。




「ブレンドの王様」でもあり、基本的にはどんな豆とも仲良くできます。ブレンド・コーヒーというと、かなりの確率でブラジルさんがいますね。




そのぐらい、「コーヒーの味」という基礎を築いた豆と言えるかもしれません。








おすすめの焙煎度はシティ〜フルシティロースト(中深煎り前後)。




シングルオリジンなどは産地によって、向き不向きが変わってきますが、ストレートのブラジル豆は全体的には少し柔らかめの豆。コロンビアなどの高地で取れる豆は肉厚で深煎り〜極深煎りすると、その豆の個性が引き出されますが、ブラジルは中深煎り前後ぐらいが一番その個性を楽しめると思います。




煎りが深いとブラジルは苦味が際立ちすぎてしまう印象…少し勿体無いかな。

ブラジルはほのかな酸味を感じるぐらいが一番美味しく、「あっ、コーヒー飲んでる!」って気分になります。





『ほっとするコーヒー』が僕にとってのブラジルです。

最新記事

すべて表示

ミャンマーとコーヒー

1,ミャンマーの情勢 ミャンマーでは、クーデターにより国軍側に政権を奪われ、民主化を願って抗議を行う市民への弾圧が日々激化しています。 国軍側が行っていることは明白な人権侵害。 民主化のリーダーであるアウン・サン・スー・チーさんを拘束し、インターネットを遮断したり、鍋を叩く(デモ行為の一貫)ことや夜間の外出を禁じ守られなければ銃で攻撃するなど、不当に市民の自由と平和を奪っています。 そして、命まで