• Akira Okura

COFFEE DISCOVERY(コーヒー・ディスカバリー)



NIJIYAに新しい相棒がやってきました。富士珈機社製の小型業務用焙煎機のCOFFEE DISCOVERY(コーヒー・ディスカバリー)です。


これまでは焙煎されたコーヒーの豆選びや、飲み比べ、ブレンドを学んでいたのですが、次第に自分で焙煎してみたい!!という思いが想像以上に強くなっていました。

気づけば…

どーんっ





鈍いブラック・ボディに眩しいほどのゴールドです。


一度に焙煎できる量は少ないものの、その小型なボディに焙煎機に必要なスペックを全て内蔵している名機。


これまでできなかった焙煎具合や、その過程による微妙な味・風味の違いの検証や、豆の個性の深堀り…これが知識ではなく、手元で実際にできるようになったたため、コーヒーの世界が一気に広がりました!

これは嬉しい、というか楽しい。

自家焙煎の実現に向け研究中


座学はもちろんですが、あわせて量もこなします!

焙煎では、その過程を記録するための用紙を自作し、豆の状態や温度の変化を1分または30秒ごとに記録を取り、豆それぞれの個性を引き出すために最適な「焙煎ルート」を探り当てていきます。




この「焙煎ルート」の辿り方で、その豆の個性を引き出せるか否かが決まります。焙煎の終わりはもちろんですが、経過はもっと大事なのです。ちょっとしたルートミスが命取りに。




これまではプロ焙煎士の方々の講義や本で理論を学ぶのみでしたが、実践するとなかなか理想通りにはいきません。




しかし、失敗が貴重なデータになるため、一回一回の焙煎が貴重…「仮説と検証」を地でいくような世界です。と言っても、単純に焙煎の香りが至福で、何度もしてしまうのですが。




今後、焙煎でわかったことや、その成果なんかもブログでお伝えしていきますね!