コーヒー&フードペアリング 〜Marillaさんのパン〜

最終更新: 1月7日



フードペアリングとは?

フードペアリングとは、相性の良い食べ物とドリンクのことです。


コーヒーで相性の良い食べ物と言うと、まず浮かぶのがケーキなどの甘いお菓子かと思いますが、

コーヒーの種類によって、甘いもの以外にもいろんな食べ物と合わせて楽しめます。


Marillaさんのパン✖️マンデリン

今回は、県内外に熱烈なファンをお持ちの「天然酵母の薪窯パン工房 Marilla」さんのパンに、私が最近飲んでいるデカフェがはたして合うのか?試してみました。


今回出会えたパンがこちら↓


【ホタルの里のライ麦パン】

神林地区の河内産の無肥料栽培のライ麦を100%使用しているそう!

それだけで、希少価値高い…


もともと、マリラさんは材料を厳選し、自家製天然酵母と天然塩と水のみで練り上げるドイツパンを中心にこだわりの商品を完全予約制で販売しているお店です。



コーヒーは、マンデリン(デカフェ)です。


マンデリンは、深煎りで、どちらかといえば苦味とコクが強く、飲みごたえのあるコーヒー。酸味は少なめです。

ちなみに、現在私は妊娠中のため、コーヒーはデカフェ(カフェインレス)なのですが、マンデリンはいちばんしっくりきます。独特の香りも大好き。


で、相性は?

一般的に、コクのある深煎りのコーヒーは、スイーツでいうと甘味がくっきりした濃厚な味が合うとされています。

スイーツ以外だと、ハンバーガーなどのこってり系とも相性◎。


じゃあ、今回のライ麦パン、合わないんじゃ…と思いませんか?

私も実はそのつもりで試してみたのですが、、


これが意外と合う!!!

ライ麦独特の風味を、マンデリンのコクがバランスよく包み込んで、お互いの個性を引き出している感じ。



というか、この「ホタルの里のライ麦パン」がそもそも優しいお味だからだと思います。

角のとれたサワー感というか、蕎麦のように心地よい風味はしっかりあるのに、酸味の主張は少なくて、なんだかとても良いバランスなのです。

河内産ライ麦の本来の美味しさを、自家製酵母が上手に引き出してるんでしょうね。


食べながら、ムダに何度も「おいし〜」と言ってしまう。


店主さんの想いとこだわりがストレートに反映された、嘘のないパン。だから人を魅了するんだと感じます。



コーヒーとフードとの相性は、頭で考えるのと実際試すのとではけっこう違う印象を持つかもしれないです。



普段合わせているスイーツ以外にも、フルーツやしょっぱい系のものでも意外に相性の良いものは見つかりますので、是非いろんな組み合わせを楽しんでみてくださいね。


天然酵母の薪窯パン工房 Marilla