REPTICのワークショップ



自然豊かな村上で、想いの詰まった手しごとや丁寧なモノづくりを行なっている作家さんたちによるクラフト市&ワークショップ「REPTIC」、開催まで一週間をきりました!



アート作品を「見る」、「買う」だけでなく、「触れて、体験して、持ち帰れる」のが最大の魅力。


真っさらな本に刺繍をして、自分だけのオリジナル本を装丁できる「NU STORE」さん。


草花と人の記憶をテーマに、草花を一緒に選んでポートレートを作成してくれる「Wateroom」さん。


蒸留器を使って、くろもじの枝の精油と芳香水を抽出する「HATSUME」さん。


壊れてしまった陶器やガラスの破片を呼び継いで作品として生まれ変わらせる鴨下知美さんのワークショップ…などなど。。


ふらっとお散歩がてら立ち寄るのももちろん良いのですが、事前に作家さんの作品や活動を調べていくと、もっとワクワクが広がりますよね。


会場は、三面川中洲公園とよはくや(明るくて気さくなオーナーが魅力の素泊り宿です)

の2会場ですが、雨天の場合は瀬波温泉にある「旧香藝の郷」(村上市瀬波温泉2丁目6−20)になります。





⬇︎にいがた経済新聞にも紹介されています。




<開催日>10月19日(土)、10月20日(日) <会 場>三面川中洲公園(村上市塩町)、よはくや(村上市細工町4-23)



****************************




*****************************




最新記事

すべて表示

ミャンマーとコーヒー

1,ミャンマーの情勢 ミャンマーでは、クーデターにより国軍側に政権を奪われ、民主化を願って抗議を行う市民への弾圧が日々激化しています。 国軍側が行っていることは明白な人権侵害。 民主化のリーダーであるアウン・サン・スー・チーさんを拘束し、インターネットを遮断したり、鍋を叩く(デモ行為の一貫)ことや夜間の外出を禁じ守られなければ銃で攻撃するなど、不当に市民の自由と平和を奪っています。 そして、命まで