• Akira Okura

3ヶ月で体脂肪が…毎日Runは最強のライフソリューション?



激減しました!体脂肪が。

毎日(朝)Runを始めるまでの僕の体脂肪率は13〜14%くらい。これでも成人男性(20〜30代)の標準的な脂肪率は15〜20%と言われているから、多少痩せてるほう。

でも、それが


毎日(朝)Runをを始めて3ヶ月後には9%に…!




これにはびっくり。身体もすこぶる調子良好!です。

僕の場合は朝Runを続けることで、精神的にも身体的にも余裕のある状態で1日をスタートできているように感じます。3ヶ月続けるとなおさら感じます。『毎日』というのが、肝。たまに…だと「走るのか?走らないのか?」いちいち考えるのがストレスになることもあるような気がする。今となってはやらないと気持ち悪くてならないです。 毎日(朝)Run…マジでオススメです。






Runが最強のライフソリューションだと感じる理由




プリン体撲滅を目指し、自分もイヤイヤ?ながら始めた毎日ランが最近は自分から求めて走る機会が増えてきました。


それは何故か?


理由が2つあります。



1.意識が内面に向かい思考も気分もスッキリする

2.適度な身体への負荷と、発汗で体調の調整に良い


いつの間にか上の2つの理由のために最近は走っています。


1.意識が内面に向かい思考も気分もスッキリする

走り始めると初めの5分は呼吸が乱れ気味になるんですが、呼吸が整うにつれて身体の揺らぎとかも落ち着き始め、意識もだんだん内側に向かっていきます。 特に肚を意識して走ると個人的には心地よいのですが、Runの負荷って本当に絶妙!

余計な思考が消えてくるので、走っている最中や走った後の頭の中は本当にスッキリしますね。僕は毎朝走るのですが、前日の振返り(反省)〜今日の計画を考えたりします。


ネガティブな感情を引きずった日も当然あるんですが、走ることでそれを吐き出すこともですます。1日の始まりとして、ホント相性いいなー!って思います。

2.適度な身体への負荷と、発汗で体調の調整に良い

僕、すごくサウナ行くのが大好きなんですが、子どもが生まれて以降はなかなか行けず…。

あの、ドバーッと汗を瞬間的に流すのがたまらなく好きなんですよね。Runは擬似的にそういう状況を作り出せます。水風呂もあれば最高なんだけど…。


Runの場合は発汗作用だけじゃなくて、有酸素運動効果もプラスされるので身体の調子はむしろ良くなります。また、走ることで身体の隅々に意識も行くので、不調にも気づきやすいのも魅力でしょうか。

無理しないことが大切!

毎日(朝)Runが、三日坊主には自信のある僕でも続けられたのは、Runに関しては高い目標を設定していないことが良かったと思っています。


もちろん、Runは毎日ではなく、2〜3日に1度のペースでも十分すぎる効果が得られます。



そして続けるために気をつけていること… いつも大体、7〜8kmのRunにとどめ、調子が良いからといって極端に距離を長くする日を作ったり、タイムを縮めようなんてことはしません。


「継続する」こと




これをRunの一番の目標にしているので、余計な達成感は危険極まりないのです。メンタルが特別強いわけでもないし、頑張りすぎた翌日に頑張ろうなんて思わないので…。


その日のRunについても、簡単な目標を1つ、2つまでをルールにしています。



「今日は40分走ろう(距離は問わない)」、「今日は1kmあたり5分くらいのペースで7kmあたり走ろう」



とか、そのくらいです。キツくなったら無理せずやめます。これも大事。ダメな日は身体がダメだと言っているので。


アスリートや、ある大会を目標にしているのではなく、「継続する」ことが目標ならば基本は楽しいか?気持ちが良いか?を重視すべきです!


目標が曖昧だと、何事も成す前に疲れてしまいますねよ。

これからも続ける上で、新しい気づきなんかもあるかもしれません。その時はまたブログを更新していきたいと思います。 少しでもこのブログが参考になる方がいたら幸いです。それではまた!