• Akira Okura

デカフェが選ばれる理由




コーヒーの選択肢として増えてきているのがデカフェ(カフェインレスコーヒー)です。 今回は、デカフェが選ばれる理由を考えてみました。

生活シーンに合わせてコーヒーを楽しめる

デカフェとはカフェインを取り除き、限りなくゼロに近づけたカフェインレスコーヒーのことを言います。




少し前までは妊娠中の女性の方や健康志向の人たち向けといったイメージでしたが、今では生活シーンに合わせて日常的に取り入れることが当たり前になりつつあります。 日本ではまだ店頭で見かける機会は少ないものの、アメリカやヨーロッパではブームが早く、どんどんデカフェのメニューが増えてきています。




カフェインの効能として真っ先に思い浮かぶのが覚醒作用。

素晴らしい香味とともに気分もリフレッシュしてくれるのがコーヒーの特徴と言えますが、このカフェインを取り除くことでコーヒーは、アロマの香る至福のリラックス飲料になるのです。




カフェインレスなのに美味しい!最近で安全性にもこだわった製法に

デカフェは飲んだことがあるけど、味がイマイチ…という言葉を聞くこともよくあります。私も実際、飲んでみて「マズーッ…」と思うようなものに出会ったことがあります。




デカフェの歴史を調べると、以前まではカフェイン除去のために化学物質を使うなど、味のみならず、安全性すら危ういような製法があったようですが、それも今では過去の話。




現在主流になっているのは「二酸化炭素抽出法」と呼ばれるカフェイン除去。一定以上の圧力と温度を加えた特殊な状態にした二酸化炭素を使い、効率的にコーヒー豆からカフェインを抽出します。




カフェイン抽出後はその二酸化炭素も自然に抜けるため安全性が高く、コーヒーの味や香りが損なわれるのも最小限に抑えてくれます。言われない(言われても?)とわからないぐらいのレベルです。




実際に多くのコーヒー専門店さんがこの方法で精製された生豆を採用しています。(NIJIYAもこの手法によってカフェイン除去された生豆を入荷しています)




カフェインを気にせず美味しいコーヒーを楽しむ

朝や日中はカフェイン入りのコーヒーでリフレッシュ、夕食の後や就寝前のひと時にはデカフェを使い、豊かなコーヒーの香りでリラックスなど…シーンによってコーヒーを選ぶ楽しみ方が、デカフェによって可能になりました。




コーヒーを飲みすぎたときや、カフェインを取りすぎた時にはデカフェに切り替えてカフェイン量を調整するなんていうのもオススメ!



デカフェを取り入れることによって、コーヒーを楽しむシーンが一層広がりますよ。